瑞穂区役所駅から徒歩2分

ご予約・お問い合わせはお気軽に 052-853-1182

〒467-0806
愛知県名古屋市瑞穂区瑞穂通り4丁目39-2

名古屋市瑞穂区の小児歯科、むし歯治療、矯正歯科の瑞穂小児歯科診療所

むし歯の処置と予防

  • 診療案内
  • むし歯の処置と予防
  • 歯並びの処置と予防
  • 定期健診
  • 母乳歯科外来
  • 歯科衛生士による乳幼児のプロフェッショナルケア
  • 離乳食・食べ方外来

上のQRコードを携帯電話から読み取ってご覧ください。

むし歯の治療

子どもの歯には、

  1. 食べ物を噛む
  2. 大人の歯の萌えるスペースを確保する

という二つの重要な役割があります。したがって、むし歯ができた場合、いずれは萌え替わる子どもの歯であっても、きちんと治す必要があります。むし歯を放置しておくと、まずお口の中が汚くなり、まだ萌えていない大人の歯に、むし歯菌が広がることもあります。その結果、食べ物を効率良く噛めなくなったり、大人の歯の萌えるスペースを確保できなくなり、永久歯の歯並びに悪影響を与えてしまうことが多くあります。むし歯は、その歯一本だけのことではなく、お口全体に係わってくる問題です。

また、むし歯は大きくなるほど処置が難しくなり、お子様にかかる負担は大きくなっていきます。むし歯は小さいうちに治したほうが、処置する量も少なく済み、結果的にはお子様にとっても楽になります。

むし歯予防の処置

むし歯の予防処置は、その効果と有効性が実証されています。方法としては、むし歯の進行止めのお薬や、むし歯になりやすい歯の溝の部分を埋めるシーラント、フッ素塗布などがあり、状況に応じて適切なものを行います。特に萌えたての歯は、まだ歯質が未成熟なため軟らかく、むし歯になりやすいので萌えた直後に予防処置を行うことは、大変有効になります。

ただ予防処置を行ったからといって、ずっとむし歯にならないというものではありません。むし歯にかかる危険を減らすのに留まります。むし歯予防は考えられている以上に難しく、その状態を保つには、やはり毎日歯をしっかり磨いて、さらに定期的な管理が必要であると考えられています。

上手に治療を受けられないお子様への対応

当院では、治療を恐がってしまい、泣いたり暴れたりするお子様の治療も行っています。ネットで縛るなどの抑制器具は用いず、数人の衛生士の手による介助を行いながら処置を進めます。保護者の方はお子様の両手を握ってもらい、どのような処置をしているか、間近で見ていただきます。

お子様がかわいそうだからといって、処置をしないとむし歯はどんどん大きくなっていきます。むし歯は大きいほど処置も大変になっていくので、結果的に子どもにかかる負担を増やしてしまいます。適切な時期に、適切な処置をすることが必要です。

お子様が泣いているのを見るのは、つらいものです。しかしだんだんと、その子なりに治療を受けいれてくるものです。ほとんどのお子様は、年齢の発達とともに上手に治療を受けられるようになります。

この子たちは治療を上手に受けられます!

PageTopへ戻る